Enjoy! スロベニア


by mammy-m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

dan reformacije & dan spomina

10月31日は「宗教改革の日」、11月1日は「死者を弔う日」で2連休だった。

この「死者を弔う日」は日本で言う「お盆」にあたる日。

家から車で10分程の所に、ŽALE[ジャレ]というとても大きな墓地があり、
Muちゃんに「ぜひ行ってみて下さい」と薦められ、行ってみた。

・・・すごかった・・・




人の多さもすごかったが、お墓のデコレーションもすごかった。

お墓の形や大きさは様々で、シンプルなものからゴージャスなものもまで、
マリア像や自分の銅像を飾っているものもあった。

お供えは花とろうそく。

花の基本は鉢植えで、白や黄色の菊の花、その他に、赤いバラや、色とりどりのアレンジメント、豪華なリースなど・・・
日本のお墓のイメージでは考えられない。

そして、ろうそく。
よくスーパーや市場、郵便局などで売られていて、こっちの人はこういうのを家に飾って楽しんでいるのか・・と思い、私も近々買って楽しもうと思っていたのだが・・
買わなくてよかった。
お墓用だった。

赤が一番多く、他には白、紫、青などがあり、形も大きさも様々。

c0131234_130297.jpg
c0131234_131282.jpg


お花やろうそくの出店もたくさん出ていて、懐かしのりんごあめと、綿菓子も発見!
c0131234_1341489.jpg

c0131234_1353977.jpg




夜もきれいという事で、一旦帰宅し再び17:30ころいってみると・・・

ろうそくが一面輝いて、これもきれい!

c0131234_1462485.jpg


    ↓ こんな感じに
c0131234_14719.jpg


人もたくさん。

「考えてみれば、夜のお墓だよね~」といいながら、見てまわる。

昼はお花が、夜はろうそくがきれいで、お墓の怖さは感じられないから不思議。

どの国の人々もご先祖様を大切に思う心は同じ・・・

さて、このろうそく、日本のお墓にはあうかしら?
旦那の父と私の父に買って帰ろうかな。
[PR]
by mammy-m | 2007-11-01 22:56 | 名所・観光